1回あたりは低価格|ボトックス注射の特徴や注意点【様々な症状の解消に役立つ】

ボトックス注射の特徴や注意点【様々な症状の解消に役立つ】

1回あたりは低価格

注射

大器晩成型

ボトックス注射の値段は病院の値段設定によって幅がありますが、だいたい1本あたり1000円から3000円前後が目安です。数十万円や100万円越えの治療方法もある美容整形業界の中ではお手頃な価格です。一度の施術で何本の注射を施すかは施術部位や目的によって変動します。筋肉を小さくするのが目的の治療方法ですので、筋肉のサイズが大きければ自然と施すボトックス注射の本数も増えることになります。また、ボトックス注射は一度の治療だけで効果を永続させることはできません。効果の持続性は個人差がありますが、だいたい2か月程度、人によっては2年間もったケースもあります。効果が弱まってくると、小顔のためにボトックスを行なった人はクセによってまたエラが出てくることも考えられますし、たれ目にするなど顔の印象を変えた人はもとの顔に戻り始めます。引き続き効果を持続させたい人は、また前回と同じように施術を受けに通院することが必要になります。ボトックス治療のいいところは、途中で辞めても副作用が出るなどのリスクはなく、元に戻るだけだという点です。そのためどの治療方法を選ぶか決めかねている人にはお試し感覚で行なえるという利点があります。仕上がりに納得がいかなければ効果が切れるのを待って別の治療法に切り替えができるので、その点でもボトックス治療の評判は高いです。ボトックス注射による治療は様々な悩みの改善に導きますが、効果が発揮されるシーンが限定されています。ボトックス注射によって得られる作用は筋肉の萎縮です。例えば小顔になりたいという目的のためにボトックス治療を検討中ならば、原因がエラなど筋肉の発達によるものでなければ効果は得られません。クリニックを受診した際に原因の追究は担当医によって行われますが、診断次第では必ずしもボトックス治療を受けられるわけではないということを念頭に置く必要があります。また、ボトックス注射には軽度ですが副作用があります。特に注射針を刺した箇所の内出血は避けては通れません。数日で消えてしまうものなので、最初のうちはメイクなどで隠すことになると思われます。クリニックによっては内出血の改善のために軟膏やクリームを処方してくれるところもありますし、個人的に内出血対策で薬を用意しておくと治癒を早めることが可能です。ただし自分で用意する際には使用しても良いか担当医に了解を得てから使用しましょう。ボトックス治療の効果が出始めるまでには1か月ほどかかります。施術してすぐ体の変化を感じることは稀なので、じれったく感じるかもしれませんが気長に綺麗になるのを待ちましょう。